1967年、キットはグレース、アルマ、そして子供二人の5人で同居していた。幸せに暮らしているかに見えたが、ある日グレースとアルマに亀裂が生じ、キットは信じられない光景を目撃してしまう。1968年、ジュディ(ジュード)は、名前をベティと変えられブライヤークリフでまだ生きていたが、精神状態はますます悪化していた。1969年、ラナは「マニアック:ある女性の生還の記録」という自伝小説でベストセラー作家となっていた。ある日、ラナのサイン会にキットが現れ、ジュードが生きていることを伝える。

アメリカン・ホラー・ストーリー:アサイラム 第12話の動画が配信されているかチェック!